ショッピング枠現金化をする時の注意点とは?

ショッピング枠現金化の注意点とは?

お金がないときのクレジットカード現金化をする前に気をつけたいこと

お金がないと凹みますよね。

そんな時にはクレジットカード現金化という方法があります。

自分で売れるものを探して換金してもいいですが、面倒な人にはクレジットカードのショッピング枠の限度額をお金に換金してくれる通称『クレジットカード現金化業者』を利用します。

今回の記事では、新宿や新橋の雑居ビルなどで営業していたクレジットカード現金化についてご紹介します。

結論から言いますと、クレジットカード現金化は手数料を引いて70%〜80%暗いお金が手元に残ります。

カード会社の規約でも規約違反にされてしまうので名目上はやっちゃいけないことになっていますので、現金が必要な方は自己責任でお願いします。

クレジットカード現金化は怪しい?

一般的にこのカードで金額や、クレカードで現金化といったパターンは胡散臭いなとか違法行為なんじゃないかと、疑われるのではないでしょうか?

  1. 手続きした後に闇金業者へ斡旋
  2. 法外な手数料を騙し取る悪徳な店舗
  3. 実は個人情報を売買するブローカー
  4. 詐欺が目的の裏社会の人間がやっている

だいたいイメージはこんな感じだと思います。

これが本当だとしたら、絶対にクレカを利用した取引なんて使用したくないと考えますね。

しかし、実際にはカードを活用した現金化方法はこのようなものではありません。

クレカをご利用した現金化手段は詐欺でも融資でもありません。

古物営業法に基いて取引される換金方法です。

様々な店舗があるので、悪徳なお店が存在しているのも本当です。

クレジットカードのショッピング枠の「現金化」の誘いにご注意ください【日本クレジット協会】

ショッピング枠の現金化とは?

クレカ現金化とはカードの買い物限度額をご使用し、換金を専門に扱っている業者に依頼する手法です。

あなたがお持ちのクレジットカードのショッピング枠を手数料を払ってお金に換金してもらうと理解して下さい。

この場合、そこで換金したキャッシュの利用分だけクレジットを利用したことになります。

クレカショッピング枠現金化は違法か?

クレジットカードショッピング枠現金化をしても使用者が逮捕される事はありません。

なぜなら、この手段はカード会社として認識するのはクレジットユーザーはただの買い物に使用していると認識するためです。

その後にの利用額をお金に換金しますがその行為は犯罪ではありません。

なんども同じお店を使用する事でカード会社に換金目的がわかると利用停止のリスクはあります。

クレジットカードショッピング枠現金化の利点

審査不要 ・来店不要クレジットカードがあれば誰でもご使用可能

クレジットカードショッピング枠現金化はショッピング枠の残高があれば誰でもご利用可能です。

こんにちでは、ホームページのお手続きが一般的なのでどこからでも申込可能です。

即日現金化 当日の口座への入金が可能

クレジットカードショッピング枠現金化はホームページでお手続きをして素早く口座への入金をしてくれます。

取引完了から1時間程度で口座への入金が行われるので当日の換金が可能です。

急な出費で困った時でも、クレジットカードショッピング枠現金化なら今日現金が用立てられます。

現金化業者は24時間営業

クレカショッピング枠現金化の会社は365日休みなしで24時間いつでも営業しているところが増えているそうです。

そのような業者であれば365日休みなしで取引してくれます。

クレジットカード現金化なら深夜帯や土日祝でもお金が必要な時にが利用出来ます。

時間に関係なく、現金化が可能なのもショッピング枠現金化の利用者が増えている要因です。

ネットが進化し、余計な経費や手間を省き、ユーザーにとっても良いところがあるため、近頃ではWEBページで申込を完結させるお店も増加しています。

スマートフォンやタブレットがあればどこからでもお申込が可能で利用する人にも便利な環境です。

しかし、取引相手がわからないというデメリットもあるので、使用者も店も双方不安な点はあるでしょう。

サイトを通したサービスというのは、評価できる点もああれば、悪い点もあります。

クレカ現金化というサービスは等にそのイメージが疑われる種類のサービスなので使用者が抵抗感を抱くのは当然です。

クレカのお買い物枠を活用して現金を手にする まとめ

今回の記事ではカードのお買い物枠を活用した取引方法を紹介してきました。

この方法を使った場合は

  1. どこの買取サイトを選択するのか?
  2. 現金化率や手数料を明確にする

といった事がポイントになりそうです。

ご利用の際は、一度直接会社に詳しく聞いてみるといいかもしれません。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)